ニュースリリース・トピックス
2024年05月13日
ニュースリリース

AI搭載自律飛行ドローン「Skydio X10」および、Skydio認定講習・あんしん機体補償の注文受付を開始

2024年 5月13日
KDDIスマートドローン株式会社

  KDDIスマートドローンは、Skydio, Inc.(以下、Skydio)のAI搭載自律飛行ドローン「Skydio X10」の注文受付を本日より開始します。
  あわせて、「Skydio X10」をより安心・便利にご利用いただけるよう、「Skydio X10」に対応したKDDIスマートドローンの3つの独自サービスとして、「Skydio認定講習」、「あんしん機体補償」、「上空電波パッケージ」の注文受付を本日より開始します。

 「Skydio X10」は、Skydio製ドローンの特徴である非GPS環境下での安定飛行に加え、カメラ性能を大幅に進化させ、NightSenseモードにより暗所飛行を実現するとともに、上空モバイル通信対応により飛行範囲の拡大が可能となります。
 また、メインプロセッサにNVIDIA Jetson Orin SoCを搭載し、従来機種比10倍以上のコンピューティング処理性能を実現し、優れたAI飛行支援と障害物回避による安全・安心な飛行が可能となります。
 さらに、サーマルカメラを標準搭載し、IP55で防塵防水を強化しており、非GPS環境下での点検業務からインフラ設備の巡視業務まで、幅広い分野での活用が可能となります。

<AI搭載自律飛行ドローン「Skydio X10」>
実際の映像は「こちら」をご覧ください
<「Skydio X10」に対応した3つの独自サービス>


■「Skydio X10」の3つの特長

① 進化したカメラ性能
 「Skydio X10」は、お客様のご利用用途に合わせ、2種類のジンバルカメラ(「VT300-Z」と「VT300-L」)より選択が可能です。
どちらも、SONY製の狭角カメラ(解像度64MP、視野角50°)と、FLIR製のサーマルカメラ(解像度640×512、視野角40°)が標準搭載されています。「VT300-Z」には望遠カメラ(解像度48MP、視野角13°)が搭載されており、構造物のズーム撮影用途に適しています。また、「VT300-L」にはワイドカメラ(解像度50MP、視野角93°)と最大2800lmのフラッシュライトが搭載されており、構造物の近接撮影用途に適しています。

<2種の可視光とサーマルカメラがセットになった選べるジンバルカメラ>

強力なズーム機能を実現する48MP望遠モジュール
(VT300-Zで利用可能)
マッピングおよび低照度検査用の
50MP 1インチワイドモジュール(VT300-Lで利用可能)

熱精度を高める 640×512放射分析IRモジュール
(VT300-LとVT300-Zの両方で利用可能)
汎用64MPナローモジュール
(VT300-LとVT300-Zの両方で利用可能)


② 「NightSense」による暗所・夜間の自律飛行
 「Skydio X10」はサーマルカメラを標準搭載しており、GPS環境下であれば暗所・夜間でも巡視点検が可能です。加えて、オプション製品「NightSense」を使用すれば、暗所・夜間での障害物回避を含めた自律飛行が可能になるとともに、スポットライトを使用することで鮮明な撮影が可能となり、トンネルなどの暗所空間の撮影、夜間警備などでの活用が可能となります。

<暗闇の中での自律性を実現>
<「NightSense」アタッチメント(オプション)>

③ 上空モバイル通信対応による飛行範囲の拡大
 「Skydio X10」は、セルラーモデルが上空モバイル通信に対応予定(※)であり、ダムやプラント、鉄道や道路など、2.4GHz(Wi-Fi通信)の信号が届かない広域エリアにおいても点検・巡視が可能となります。上空モバイル通信を活用した遠隔制御や長距離飛行により、非GPS環境下での点検から広域インフラ設備の巡視まで、幅広い分野での活用が可能となります。

※「Skydio X10」の上空モバイル通信にはオプションライセンス(Skydio Connect LTE/5G – Range Extender (Japan))が必要です。
※「Skydio X10」の上空モバイル通信対応時期は、別途ご案内します。詳細はホームページをご確認ください。

<上空モバイル通信イメージ>


■「Skydio X10」に対応したKDDIスマートドローンの3つの独自サービス

① 上空電波パッケージ
 上空モバイル通信と送信機用モバイル通信をセットでご利用できるパッケージを新設し、「従量プラン」を新たに提供します。通信を利用しない月は月額料金が0円で利用が可能となり、不定期の利用が想定されるお客さまも、より便利に上空モバイル通信をご利用いただけます。また、定額プランでは、これまでの「月額タイプ」に加えて「年額タイプ」をご用意し、通信容量を気にせず、よりリーズナブルに上空モバイル通信をご利用いただけます。
「上空電波パッケージ」の詳細については、こちら

<「上空電波パッケージ」新プラン>


② Skydio認定講習
 「Skydio X10」をより安心・便利にご利用いただくために、Skydio認定「Skydio X10基礎コース」の提供を開始します。KDDIスマートドローンは、Skydioより公式技能認定を受けた「MASTER INSTRUCTOR」が2名在籍し、本インストラクターが監修した高品質の講習プログラムを提供します。「Skydio X10」の基本機能・飛行方法・メンテナンス方法等を講習し、各種点検や巡視業務への利活用をサポートします。

コース名               コース内容                                      受講日数   受講条件                             
Skydio X10基礎コース  「Skydio X10」飛行に必要となる基礎トレーニングの提供
<座学> 機体・サービス仕様、メンテナンス方法
<技能訓練> 離着陸、通常飛行・自律飛行、実地トレーニング                    
1日国家二等資格保有/ドローン民間資格保有/他、業務等でのドローン飛行実績を有する方

③ あんしん機体補償
 「Skydio X10」を安心してご利用いただくために、機体の故障・破損時に代替機体と交換可能となる、「あんしん機体補償 for Skydio X10」の提供を開始します。これにより、万が一の故障・破損時にも安心して業務を継続可能となります。

サービス名             サービス概要   サービス条件     
あんしん機体補償 for Skydio X10 機体本体の故障・破損時、
代替機体と年1回まで交換が可能
・機体購入と同時加入が必要です
・機体紛失時は本サービスの対象外です
・補償期間は1年間です
※交換対象は機体本体であり、バッテリー・プロペラ・送信機等は交換の対象外です
※本対象機体の飛行不能状態を確認することができない場合、交換の対象外です
※本サービスは「保険」ではありません

<Skydio認定講習・あんしん機体補償>

このほかにも、KDDIスマートドローンは、「Skydio X10」を活用した橋梁点検の技術を検証・確立し、その技術は国土交通省「橋梁・トンネル 点検支援技術性能カタログ 令和6年4月」に掲載されております。

掲載月技術番号技術名参考URL(国土交通省ホームページ)
令和6年4月BR010050-V0124自律飛行型UAVを用いた橋梁の3D点検技術https://www.mlit.go.jp/road/sisaku/inspection-support/

また、「Skydio X10」を実際にご覧いただけるよう、パートナーと共に全国にて「Skydio X10」飛行デモ会を開催します。
お申込みはこちら

<「Skydio X10」飛行デモ会の開催>


KDDIスマートドローンは、Skydioプライマリーパートナーとして、「Skydio X10」の導入をトータルでサポートし、ユースケースを共に創出することで、社会課題の解決を加速していきます。

※「Skydio X10」はSkydio, Incの登録商標です。

以 上

一覧へ戻る 次へ