ニュースリリース・トピックス

2022年07月27日
ニュースリリース

妙高市、ROBOZ、LOTTE Hotel Arai、KDDIスマートドローン、
ドローン活用推進に向けた連携協定を締結

~ドローンを活用した観光コンテンツの創出やビジネスモデルを構築~


KDDIスマートドローン株式会社
2022年7月27日

新潟県妙高市 (市長: 入村 明、以下 妙高市)、株式会社ROBOZ (本社: 岐阜県恵那市、代表取締役: 石田 宏樹、以下 ROBOZ)、株式会社LOTTE Hotel Arai (本社: 新潟県妙高市、: 代表取締役 中谷 高士、以下 LOTTE Hotel Arai)、KDDIスマートドローン株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役社長: 博野 雅文、以下 KDDIスマートドローン)は、1市3社が協力してドローン活用を推進する連携協定(以下 本協定)を2022年7月27日に締結しました。

左より 妙高市 入村 明 市長、LOTTE Hotel Arai 中谷 高士 代表取締役、ROBOZ 石田 宏樹 代表取締役、KDDIスマートドローン 博野 雅文 代表取締役社長

【背景】
ドローンを活用し、観光・防災・農業・教育など幅広い分野で行政課題を解決することで、持続可能な行政経営に寄与するとともに、収益性の見込める新たなビジネスモデルを構築することを目的に妙高市、ROBOZ、LOTTE Hotel Arai、KDDIスマートドローンと連携協定を締結することとなりました。
※自治体がKDDIスマートドローンと協定を締結するのは、国内初。
※県内自治体でROBOZと協定を締結するのは、初の取り組み。

【協定内容】
(1)観光分野における新たなコンテンツの創出、付加価値向上に関すること
(2)ドローン操縦者育成に関すること
(3)災害・遭難発生時における初動対応、被災支援・遭難者救助に関すること
(4)農業分野における農作業省力化・効率化に関すること
(5)その他市民の利便性向上に関すること


当社は今後もモバイル通信を用いたドローンプラットフォームや通信手段の提供、これまでの社会実装や実証実験の事例を踏まえた助言を通して、妙高市の地域課題解決や地域活性化、利活用分野における新たなビジネスモデルの構築に貢献します。

一覧へ戻る 次へ