トピックス

ドローンによる洋上風力発電設備の高精度点検に成功
~銚子市沖で陸上風力発電点検のドローンシステムを活用、効率化を実現~

KDDI株式会社
KDDIスマートドローン株式会社
銚子市
2022年4月18日

KDDI株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、KDDIスマートドローン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:博野 雅文、以下 KDDIスマートドローン)、銚子市(市長:越川 信一)は、洋上風力発電設備 (以下 洋上風力)のドローン自律飛行による点検の実証実験(以下、本実証)を実施し、高精度な点検結果を得られることを確認しました。
なお、本実証は千葉県の「地域主導型新エネルギー活用プロジェクト支援事業補助金」を活用して銚子市沖で行い、2022年3月にプロジェクトを完了しました。

<本実証の様子>

洋上風力はカーボンニュートラルの実現と再生エネルギーの主力電源化の切札として期待されています。洋上風力の導入が見込まれる一方で、風力設備の点検作業は人手でロープ高所作業を行うことが多く、点検・メンテナンスの省人化・効率化が求められています。
本実証では、洋上風力発電事業の「促進区域」となっている銚子市にて、ドローン点検を商用提供しているKDDIの陸上風力設備のドローンシステムを活用(注1)し、洋上風力をドローンで点検できるかの検証を行いました。また、沿岸から遠く離れた沖合に洋上風力が建設されることを想定し、船上からのドローン離発着も実施しました。
結果、ドローンのオートフライトにより、ブレード(注2)の自動撮影や画像解析・レポート作成に成功し、洋上風力の点検項目を高精度で実施できることを確認しました。

今後、3者は本実証で得られた成果を基に、建設が進む洋上風力の効率的な運用を目指し、銚子市の地元企業との連携を進め、ドローンの活用を推進していきます。

本実証の概要

1.実施内容

洋上風力設備点検を、ドローンで効率的に実施できるかの実証を下記手順にて実施しました。

  • (1)船舶で銚子沖合3㎞に設置されている洋上風力設備まで行き、点検用ドローンを船上から 離発着させます。
  • (2)ドローンは洋上風力設備の各ブレードの周辺を4方向から自動撮影するためオートフライトを行います。
  • (3)撮影された画像データは、AIによる自動解析を行うことで損傷箇所を抽出し、点検者は損傷レベルを確認・登録するだけで、損傷箇所の管理が可能となります。
  • (4)損傷箇所/損傷レベルの写真を自動でレポート作成します。
2.成果
  • ・船上でのドローン離発着手法を確立しました。
  • ・陸上風力設備点検と同等の点検時間で、軽微な損傷も抽出することができました。
3.風力点検ソリューションについて

従来は人手によって高所作業かつ時間がかかるロープアクセスによる風力発電機のブレード点検を、ドローンのオートフライトによるブレード撮影や、AI解析による自動スクリーニング、自動レポート作成により、安全かつ短時間で実現できます。陸上風力設備の点検は2021年6月よりサービスを開始し点検実績をあげています。
今後、風力点検ソリューションは洋上風力点検への適用を推進していきます。詳細、お問い合わせはこちらをご参照ください。

(参考)
■銚子市について
銚子市は、平成29年4月に洋上風力推進室を設置し、漁業や地域と共生する洋上風力発電の実現に向けた取組を進めてきました。令和2年9月には、洋上風力発電産業に主体的に関わっていくことを目指し、銚子市漁業協同組合、銚子商工会議所とともに、発電施設の運転管理やメンテナンス業務などに取り組むことを目的とした会社「銚子協同事業オフショアウインドサービス株式会社」を設立しています。

■スマートドローンについて
ドローンが日常生活を支えるインフラとして、物流・監視・農業などのさまざまな分野で活躍する社会の実現に向け、4G LTEなどのモバイル通信でドローンを遠隔制御し、安全な長距離飛行を実現するスマートドローンプラットフォームを開発・提供しています。
スマートドローンホームページ

  • 注1) 実証当時はKDDIのドローンシステムとして活用しましたが、ドローンに関する事業は2022年4月1日にKDDIスマートドローン株式会社に継承されました。
  • 注2) ブレード: 風力発電設備の羽根の部分を「ブレード」と呼びます。